フレーム入り
pink
syugo01
red
blueYellow

CONCEPT

​花が最もきれいな瞬間を、ガラスに閉じ込めました。
本物の花だからみずみずしく美しい。そんな姿をいつまでも変わらずお楽しみ頂けます。
​Made in Japan(日本製)へのこだわり

Les Pétales のボトルフラワーは、花の栽培から製品になるまで全ての工程にわたり、国内で行っております。​現在百貨店などで販売されているボトルフラワーの多くは、中国、タイなどで製造された輸入品ですが、Les Pétales の製品は、国産にこだわった、

メイド・イン・ジャパンのボトルフラワーです。

日本一のバラ生産量を誇る、山形県 寒河江(さがえ)市

Les Pétales のボトルフラワーは、日本一の生産量を誇る寒河江市のバラを使用しています。本来バラは暑さに弱く春がシーズンですが

​昼夜の寒暖の差がある当地では、夏でもバラを収穫する事ができます。寒河江市の「夏バラ」は全国的にも有名です。

生花の栽培法、水耕栽培 - Hydroponics - について

水耕栽培=Hydroponics とは、養液栽培のうち固形培地を必要としないもののことです。

冬は暖房、夏は冷房、自動消毒器、自動噴霧器が設置された環境下で

最適な温度と湿度の管理を行い、周年栽培で年間6回採花しています。

suikou_img01.jpg
栽培技術は業界トップクラスの技術

Les Pétalesは、大沼ばら園とボトルフラワー専用のバラの委託栽培を行い、様々な、大きさや色のバラを栽培しております。

ボトルフラワーには、​早朝に開花した新鮮なバラのみを選りすぐって使用しています。

大沼ばら園は、栽培について業界トップクラスの技術を誇り、常に新たな技術の研究も欠かさない真の「技術者」です。

生花が最も美しい時の姿そのままを閉じ込める

Les Pétales は、生花を乾燥させる機械を独自で開発しています。

この独自の開発により、花のもつ鮮やかな色と、美しい形を保つことが可能になりました。

生花のみずみずしさ、美しい姿を長い間お楽しみいただくには、​

直射日光に当たる場所や、高温、多湿な場所を避けて飾ることをお勧めします。

kikai_img01.jpg